« 桜咲く | トップページ | banana2号 »

江戸の風情と美味しいお蕎麦

会社の同僚マルチーズとゆうこりん♪を連れて、

江戸時代の旅籠 『大内宿(おおうちじゅく)』 へ。

Ouchijuku7

すっかり雪も解けて春めいていたけど、

遠くの山にはまだ雪が見える。

自宅から大内宿まで車で1時間半。意外と近いよね。

上の写真に写る家々のほとんどが、お土産屋さん。

10年前に比べると観光客も増えたよなぁ。。。

Ouchijuku3

どのお店も似たような物ばかり売っていて、意外と飽きる。

でも、ここは違ったぞ!

てか、江戸時代とはまるで関係ないけどさ。

Ouchijuku6

後の壁に、『苦あれば楽あり』。

首を吊られて売られているドナルドダックに、楽はあるのだろうか?

なんとなく可哀相だなと。ならば、私が買って空のお土産にしよか?

でも、空に食いちぎられるのはもっと可哀相だよね。




お蕎麦の里 『山都町(やまとまち)』 へ足をのばしてみた。

大内宿から車で1時間ちょっと。

蕎麦で町おこしした町だけあって、お蕎麦屋さんが多い。

中でも、一番美味しいとされる 『やまびこ食堂』 へ。

コシがあってお蕎麦の味がぎゅっとしてて、喉ごしつるんのお蕎麦。

こんなにつるんのお蕎麦、もしかしたら生まれて初めて食べたかも。

めっちゃ美味しかったよ~ (* ̄o ̄)ゝ

右下手前に写っているのは、水蕎麦。

蕎麦本来の味を味わうための、いわばお蕎麦の前菜みたいなもん。

せっかく山都町まで来たのだからと、『天ざる』にしてしまったけれど、

天ぷらは要らなかったなぁ。。。胸が焼けて気持ち悪くなってしもた。

次は、普通の『もり蕎麦』にしよう。

お昼、ご馳走さまでした~~~っ。(*- -)(*_ _)ペコリ

|

« 桜咲く | トップページ | banana2号 »

「ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜咲く | トップページ | banana2号 »